COMME des GARCONS|ギャルソン買取

世界に認められたメイドインジャパンコムデギャルソンをお売りください!

COMME des GARCONS(コム デ ギャルソン) のジャケット、シャツ、パンツ、 スニーカー、バッグなど各アイテム買取致します。 新作、ブランドコラボ、再構築アイテムのほか、ジュンヤワタナベマンを強化中!
コム・デ・ギャルソンの買取ならフリースタイルにお任せください。

買取強化アイテム

定番デニム
再構築、ジャケット、シャツ、etc…
コラボモデル
シュプリーム、ノースフェイス、バンズ etc…

新品、古着問わず!! 専門スタッフが丁寧に査定いたしますので、お気軽にお問い合せください!! 1点からでも無料でお見積いたします。

COMME des GARCONS(コム・デ・ギャルソン)とは?

1969年、デザイナー川久保玲により設立。
“COMME des GARCONS(コム デ ギャルソン)”は『少年の持つ冒険心』を意味する。

1973年に株式会社コム デ ギャルソンを設立、1975年に東京コレクション初参加。

1978年には”コム デ ギャルソン オム”をスタートし、
1981年にパリ”プレタポルテ コレクション”に参加。
以来、パリを中心にコレクションを展開する。

1984年、メンズウエアで展開されるコレクションラインである
“コム デ ギャルソン オム プリュス”。

1987年、ビジネススーツライン”コム デ ギャルソン オム ドゥ”。

1988年、フランス生産を中心としたシャツライン
“コム デ ギャルソン シャツ”をそれぞれスタートする。
その後も香水を中心に展開する”コム デ ギャルソン パルファム”や
ハートをトレードマークとした唯一のキャラクターライン
“プレイ コム デ ギャルソン”、期間限定ラインなど、
数多くのコレクションラインが誕生する。
アイテム製作において最も特徴的なのが、
ねじれや歪み、アシンメトリーなど布の平面性を越え、
大胆な手法を取り入れられている点が挙げられる。
その大胆かつ斬新で既成概念を崩した非構築的な表現手法は、
日本に限らず多くの海外デザイナーに影響を与え、
黒を基調としたコレクションは”黒の衝撃”や”ジャパネスクカジュアル”と呼ばれ、
世界中から注目を浴びている。

COMME des GARCONS JUNYA WATANABE(コム デ ギャルソン ジュンヤ ワタナベ)

“トリコ コム デ ギャルソン”のデザイナーでもあった
渡辺淳弥(ワタナベ ジュンヤ)により1992年に設立。
同年、東京コレクションに参加し、翌1993年にはパリコレデビュー。
2002年に”コム デ ギャルソン ジュンヤワタナベ マン”、
2005年にストリートテイストラインである
“アイ コム デ ギャルソン ジュンヤ ワタナベ マン”を展開する。